東京湾大華火祭の観覧場所の穴場や混雑状況は

LINEで送る
Facebook にシェア
[`fc2` not found]
[`livedoor` not found]

東京湾大華火祭がすごい!と友達から聞いたことがあるのですが、
どんなところが魅力なのか?とか、混雑状況や、有料席を取らない・早朝からの場所取りもしない観光客でも楽しめる穴場はあるのか?
などについて調べてみたいと思います。

スポンサードリンク

東京湾大華火祭の混雑状況

東京湾大華火祭は、約1万2千発もの花火が、レインボーブリッジを背景に打ち上げられ、
東京らしさとベイエリアのオシャレな雰囲気と花火を一緒に楽しめる、都内でも人気の高い花火大会です。
約70万人と、かなりの人が集まる大イベントなので、とにかく歩道や駅が大混雑します。
交通規制も激しいので、車で近くへ行こう、とは考えない方がいいですね。
早朝から「ららぽーと豊洲」などに停めておくという方法もありますが、帰りはかなり待たないと動かないかも?
人の流れもすごいので、人気のある観覧場所で見る場合は、終了前に引き上げるか、
終わってからもしばらくの間のんびり待機した方がよさそうです。

東京湾大華火祭の見どころ

東京湾大華火祭の見どころは、まず、都内では珍しい、迫力満点の「尺五寸玉」が上がるところ。
東京の湾岸の夜景やレインボーブリッジをバックに巨大花火を楽しめるのは本当に貴重!
それ以外にも、空中ナイアガラや、日本煙火芸術協会による「芸術玉」なども見どころのようですよ。
景色なども含めて、花火大会全体が、一つの芸術作品になっているかのようで、とても 感動的なのだそう。
観光客はもちろん、東京の夜景を見慣れた東京の人たちも、花火通でも、みんなが思わずうなってしまうほど、とのことですよ!

スポンサードリンク

東京湾大華火祭の穴場スポット

東京湾大華火祭は、中央区民や港区民が優先的に当選する会場が複数設けられていますし、
有料席も設けられていますが、それ以外に穴場スポットもいくつかあるみたいです。
例えば、日の出埠頭や芝浦ふ頭のあたり。座って見るための場所取りは難しいのですが、花火がよく見えるそうですよ。
お台場のあたりも、あらゆる場所から花火が見えるようですが、早めに行かないと難しそうです。
浜松町周辺でも見えるようなので、特に場所取りをしないなら、駅の周辺で散歩しつつ花火を見る、というのもいいかもしれませんね。
⇒東京湾大華火祭の周辺を楽天でチェック

まとめ

東京湾大華火祭は、毎年70万人もの人が集まる、大人気の花火大会なのですね!
都内で最大規模の、尺五寸玉の迫力や、芸術性の高い花火など、いろいろな見どころもあるようですし、
穴場スポットもいくつかあるので、ぜひ当日花火を楽しめたらいいなと思っています♪


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*
Website