ラグビーワールドカップをしっかり楽しむ注目ポイント

LINEで送る
Facebook にシェア
[`fc2` not found]
[`livedoor` not found]

ラグビーワールドカップがいよいよ18日から始まります
ラグビーファンにとっては待ちに待ったWC、ラグビーに日ごろ接する機会がない方も、新国立競技場問題で、ラグビーにワールドカップがあること、2019年には日本で開催されること、2015年の秋にもイギリスで開催されることを知ったのではないでしょうか?
もうすぐ始まるラグビーワールドカップを楽しめる基本情報をお届けします

スポンサードリンク

ラグビーワールドカップって

ラグビーワールドカップは4年に1度の祭典です。日本ではあまり知られていませんがラグビーワールドカップは世界三大スポーツイベントのひとつに数えられるビックイベントなんです
観客動員約225万人、世界42億人がテレビ放送を見るんですって
ちなみに正式定義ではありませんが、世界三大スポーツイベントはサッカーワールドカップとオリンピックとラグビーワールドカップだそうです

ラグビーワールドカップの出場国と日程

9月18日に開幕し、10月31日(土)が決勝戦になります
予選は参加20チームが各5チームの4つのグループ(プール)に分かれて総当りで、それぞれのグループから上位2チームの8チームによって決勝トーナメント戦で行われます
決勝ステージは、10月17日からスタートします。

ラグビーワールドカップの予選グループと世界ランキング

プールA

オーストラリア(2位)
イングランド(4位)
ウェールズ(5位)
フィジー(9位)
ウルグアイ(19位)

プールB

南アフリカ(3位)
サモア(12位)
スコットランド(10位)
日本(13位)
アメリカ(15位)

プールC

ニュージーランド(1位)
アルゼンチン(8位)
トンガ(11位)
ジョージア(16位)
ナミビア(20位)

スポンサードリンク

プールD

フランス(7位)
アイルランド(6位)
イタリア(14位)
カナダ(18位)
ルーマニア(17位)

ラグビーワールドカップで日本はどうなの?

やっぱり気になりますよね
実は今まで日本は7回のワールドカップ全てに出場していますが、1勝2分21敗でもちろん決勝リーグには進んでいません
1勝は1991年のジンバブエ戦で2分の相手はカナダです
今回のワールドカップは指揮官にエディ・ジョーンズ・ヘッドコーチ(HC)を迎えて4年間ワールドカップへ向けてすごい練習を重ねてきたので、ぜひ決勝リーグへ進んで欲しいですね

ラグビーワールドカップの日本試合はテレビ放送もされます

ラグビーワールドカップ2015の日本代表 予選リーグ試合日程 日本時間

南アフリカ戦 9/19(土)24:45~
スコットランド戦 9/23(水)22:30~
サモア戦 10/3(土)22:30~
アメリカ戦 10/11(日)28:00~

ラグビーワールドカップ日本代表のTV放映は

地上波では日テレが、BSではNHKが、もちろんJsportsでは48試合全試合中継があります

ラグビーワールドカップ日本代表の注目選手

なんといってもFBの五郎丸歩選手です。キックの正確さはピカイチです
キック前の独特のポーズ(ネット上では浣腸ポーズという声もあります)も必見です
大学生のウイング2人7人制にも選ばれる早稲田の藤田選手と筑波大の福岡選手
スクラムハーフの身長166センチの田中選手
ジンバブエ人の父と日本人の母との間に生まれたハーフで南アフリカでのラグビー経験もある松島選手
まだまだ見所盛りだくさんです
(息子がバックスなのでどうしてもバックスの選手に目がいってしまいます。すみません)

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*
Website