カメムシ撃退の方法がNHKあさイチでも紹介されてましたね。でも、洗濯物につくカメムシはどうしたら。。。

LINEで送る
Facebook にシェア
[`fc2` not found]
[`livedoor` not found]

カメムシは我が家でもよく出没します
ゴキブリは平気なのですが、カメムシだけは大の苦手で発見したら泣きそうに辛いです。
秋になるとカメムシがよく家の中に入ってくると思っていたら、寒くなる前に越冬の場所を探してやってくるそうです
この前、NHKあさイチでもカメムシ撃退方法が紹介されていました

スポンサードリンク

カメムシの家への侵入を防ぐには

あさイチの調べによると、秋にカメムシが家に入り込む被害が全国27都道府県で起きているそうです
カメムシは網戸をしていても桟の隙間や換気扇などからも侵入します。侵入させないための画期的方法、というのは、正直なところありません。
が、窓の枠から入り込むことが多いため侵入防止するには、カメムシ用殺虫スプレーを窓枠や窓の開閉部分に吹きかけるのがいいようです
殺虫成分は1ヶ月持続するものが多いようです

⇒カメムシ用殺虫スプレーはこちらでも購入できます

家の中に入ったカメムシの撃退法

家の中に入ったカメムシは間違っても掃除機で吸うようなことはやめましょう。家の中全体があの嫌なカメムシの臭いが充満します
あさイチで紹介されていた家の中に入ったカメムシ退治法は、
空き瓶に台所用洗剤2~3滴と水1/3程度を入れ泡をたてて準備しておいてカメムシの脚をピンセットでつかみすぐ瓶の中へ入れる。ということでした
毎日のように家でカメムシを発見し、昨日もうちにバスルームにあの影が、中学生の息子と大騒ぎしながらカメムシ撃退
私は、カメムシを掴むのはどうしてもできなかったので、息子が割り箸で掴んで瓶に入れてくれました
カメムシ苦手な私のような人は、割り箸にでもガムテープをつけて、瓶に入れるのがおすすめです^^
洗剤に入れると、しばらくもがいて逝ってしまいました。臭いなく退治できました

スポンサードリンク

カメムシが洗濯物について困ってる方に

カメムシが多量発生しているとき、洗濯物にも付いていたりします。取り入れる時に気がつけばいいのですが、そのまま家の中に一緒に入ってくることも
知り合いに、子供がパンツをはこうと思ったら、そのパンツについていた!!なんてとんでもない事態に発展したりすることもあります
洗濯物につくカメムシの撃退方はあるのでしょうか?
まずポイントはカメムシの活動時間を知ることから始めましょう
クサギカメムシ(うちに来るのはこのタイプです)は、9月から11月にかけて、9時30分頃から正午をピークに14時30分頃にかけて活発に
スコットカメムシは14時頃に活動します
平野部で大豆畑から飛んで来るマルカメムシは14時以降から16時30分頃にかけて活発に活動します。
なので、その時間を避け洗濯物を早朝から10時ころまで外干ししてあとは家の中に入れる。といっても、主婦にとっては一番のゴールデンタイムに外干しできないの??って感じですよね。決定的な方法ではありませんが、カメムシは柑橘類の皮に含まれるd-リモネンを嫌います。
アロマオイルのオレンジスイート(d-リモネン)を洗濯物のちかくで焚くことやグレープフルーツやオレンジの外皮をつかったミカン焼酎を洗濯物を干す近くの外壁などに副かけておくなどのこともオススメです
あと、カメムシは、ハッカ(ミント)の香りも苦手なので、周りにミントの鉢を並べておくという方法も少しは効果があるようです

カメムシが洗濯物についていたらとりあえず逃がしてしまいがちですが、カメムシは嫌な臭いだけでなく。臭いに含まれるアルデヒドという成分は、生物すべてに有害な物質で、人体に触れると人によっては激痛を伴った酷い炎症を起こすこともあるようですので、みつけたら退治しておくことがお勧めなんだそう。。。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*
Website