クリスマスチキン レシピ 人気でフライパンで簡単 骨付き鶏肉のパリパリ焼きはいかが?

LINEで送る
Facebook にシェア
[`fc2` not found]
[`livedoor` not found]

クリスマスをご家庭で過ごす人も多いですよね
ご家庭で過ごす方は、家族でのクリスマスに美味しいご飯を食べて
美味しいケーキを食べてという定番が一番ですよね

クリスマスは12月24日のイブからお祝いする人も多いのですが
ハロウィンが終わり、12月に入ると毎日がクリスマスのような
楽しい気持ちでいっぱいになりますよね

メインのクリスマスでなくても、少しずつクリスマスを楽しめる
メニューで年末の忙しい日を乗り越えていけるといいですね

今回はお子様も大好き、旦那様も喜んでくれる
骨付き鶏肉のパリパリと焼いたものです

スポンサードリンク

クリスマスの時期には骨付き鶏もも肉が、スーパーでも手軽に手に入るので、
今まで使ったことがない方は、この機会に使ってみてほしいなと思います
その時は、是非一人1本で作ってくださいね
これは贅沢に一人1本で食べるのがいいんです

 < チキンのカリカリ焼き >

スポンサードリンク

まず、骨付き鶏肉の下ごしらえです
売られている骨付き肉はきれいなのですが、
そのままでは厚みのあるところと焼きむらがでてしまうので
骨の付け根部分は包丁で切り込みを入れて、火が通りやすいようにしましょう

両面に塩、こしょうをふって、オリーブオイルをたっぷりとつけて
スライスしたニンニク、ローズマリーやセージなどのハーブを
ちぎって身の方にまぶして30ほどおいておきます
皮目はパリパリにやくので、ハーブがついているとハーブが焦げてしまうので
焼く直前に取り除きましょう

フライパンで焼いていくのですが、必ず皮目を下にして焼いていきます
少し重いものをのせて、皮目をパリパリにしていくのです
例えば、小さな鍋にお水を入れて上から押していく感じです

けっしてフライパンの蓋をして蒸らし焼きにしないでください
パリパリの食感が大事です
皮目が焼けたら裏返しにして中までしっかりと火をとおしていきます

食べ切れない時は、焼けた後に切り落として、サラダのトッピングにしても
次の日の朝も美味しく頂けます

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*
Website