熱中症対策は朝食がポイント?熱中症対策に食べ物を

LINEで送る
Facebook にシェア
[`fc2` not found]
[`livedoor` not found]

夏になると、怖いのは「熱中症」です。
特に、子どもたちは、暑くても外で遊びたがるし、親の見ていない学校や幼稚園での遊び中に、
無理をして熱中症になってしまわないかがちょっと心配です。
熱中症予防といえば、水分補給や、帽子をかぶること、くらいしか思いつきませんが、
実は、食事や朝ご飯がとても大切だと小耳に挟みました。
どういうことだろうと思い、詳しく調べてみました。

スポンサードリンク

熱中症対策は朝食がポイント

熱中症対策の肝は、やっぱり「水分補給」。
暑くなってから水分をたくさん摂るのでは不十分です。
とにかくこまめに水分補給することが大切なのですが、まず、「朝起きたときの水分補給」が大切です。
寝ている間に汗をたくさんかき、起きたときには体が水分不足になっているからです。
そこで、朝食で水分をしっかり摂ることが重要です。
もちろん、栄養の補給という意味でも大切なので、ミネラル分の多い野菜などをしっかり食べるといいです。
それに加え、汁物も付けると、水分補給や塩分補給に役立ちます。

熱中症対策の水分補給は気をつけて

また、熱中症になってしまうのは、もともと体力が落ちていたり、寝不足だったりと、体調の悪いときが多いそうです。
朝ご飯をしっかり食べられるというのは、健康であるということのバロメーターでもあります。
朝ご飯を食べなくても、水だけを飲んでいれば良いと思うかもしれませんが、
それではお腹がゆるくなったり、お腹が重い感じになってしまい、元気に活動することができなくなってしまいます。
しっかりと朝食を食べて、食事から水分やミネラル分を補給すると、
熱中症対策に効果が期待できるそうなのです。
あと熱中症を予防するには、のどが渇く前から定期的に水分をとるのが基本です

スポンサードリンク

熱中症対策に朝ごはんが重要なのは

人間は寝ている間に、およそ500mlもの水分が失われています。
寝る前に水を飲みすぎてしまうと夜中にトイレに行きたくなってしまいますから、コップ1杯分くらいに抑え、足りない分は、朝に起きたときに水を飲んで補います。

熱中症対策に朝ごはんがおすすめなのは、ご飯にはたくさんの水分が含まれています。
その量は重量の60~70%ですから、どんぶり1杯280gにはおよそ200㎖の水分が含まれています。
その水分にプラスしてカロリーがエネルギーにかわる時に生じる水分「代謝水」も合わせて
ご飯どんぶり1杯で260㎖の水分を摂取できます
プラス、みそ汁でおよそ150㎖、食後のお茶で、500㎖を超える水分が体内に入ることになります。
さらにみそ汁1杯のナトリウム量は、飲む点滴と言われる経口補水液1本分と同じなんだそう

意外なことに、熱中症死亡事故は午前中の10時から12時に多く起こっているんだとか
しっかり、睡眠中に失われた水分プラス朝ごはんで熱中症対策したいですね

熱中症対策に朝ごはんを合言葉に!!

今日は暑くなるから、しっかり水分補給を!!の前に、しっかり朝ごはんを!!が、ポイント
水分補給に朝ご飯なら、ご飯・お味噌汁・お茶はしっかり取りましょう
熱中症予防に効果が期待できます

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*
Website