プール熱は大人もうつるの?喉の痛み等の症状は?

LINEで送る
Facebook にシェア
[`fc2` not found]
[`livedoor` not found]

子どもがプール熱(咽頭結膜炎)にかかり、しばらく熱が下がらなくて大変でした。
子どもは随分良くなってきたのですが、今度は私が、ちょっとのどが痛いような気がしてきて、
もしかしたらうつったのかな?とヒヤヒヤしています。
もし大人にうつったら、どんな症状になるのか、子どもよりも軽く済むのかそれともひどくなるのか、
調べてみることにしました。

スポンサードリンク

プール熱の大人の症状は?喉の痛みは?

プール熱の症状といえば、3日から7日間ほど続く高熱(38度から40度)や、
のどの痛み、結膜炎、頭痛や鼻づまり、食欲不振などですが、大人も子どももだいたい同じ症状が出るようです。
大人の方が免疫力が高いので子どもよりも軽く済むかなと思いきや、
大人の方がのどの症状がひどく出ることもあるようです。
また、大人の場合は、のどがひどく痛むけれど、熱は微熱程度、ということもあるようです。
もちろん子どもの場合もいろいろな症状の出方がありますし、大人の症状も様々なようです。

スポンサードリンク

プール熱は大人もうつるので要注意です

子どもがプール熱にかかった場合、看病する親の方も、看病疲れで免疫力が下がると、
プール熱の原因であるアデノウイルスに感染して、ウイルスが増殖し、ひどい症状が出ることがあるようです。
潜伏期間が1週間弱あるので、もう少し様子を見ようと思いますが、
今からでもマスクや手洗いなどで、なるべく感染をしないように気を付けようと思います。
くしゃみや咳、洗濯物やタオル、食器や鼻をかんだティッシュなどでうつることもあるようなので、
子どもがプール熱にかかった場合、家族はやっぱり要注意ですね。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*
Website