隅田川の花火大会を歩きながら見るなら?見物場所のおすすめは?

LINEで送る
Facebook にシェア
[`fc2` not found]
[`livedoor` not found]

おいが、隅田川の花火大会を一度見に行きたいけれど、混雑具合が気になると言っています。
それに、どこで見ていいのか全く分からなくて困っているとのこと。
私も一度、学生時代に行ったことがありますが、何も調べずにとりあえず会場近くに向かったものの、
確かにものすごい混雑で、人の流れがすごくて、ちょっとイライラしてしまったことが…。
でも、隅田川の花火大会は、その起源は江戸時代中期にあるという、とても歴史のある伝統的な花火大会です。
第一会場と第二会場で打ち上げられ、合計でなんと2万2千5百発ほどが打ち上がります。
第一会場は、浅草駅より歩いて15分ほど。第二会場は、蔵前駅か浅草駅より徒歩5分ほどの場所です。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

隅田川 花火大会 歩きながら見るなら

隅田川の花火大会の周辺は、道路規制が行われ、歩行者天国になって、ゆっくりと歩きながら花火を鑑賞できる場所もあります。
例えば、国道六号線沿いですね。
蔵前橋は、両方の会場の花火を見られますが、順路の規制もあるので、のんびりゆっくり鑑賞したいなら別の場所の方がよさそう。
言問橋も、よく見えるスポットですが、立ち止まるのはダメなので注意が必要です。

隅田川 花火大会 見物場所でおすすめは?

ゆっくり見たいなら、穴場スポットで場所取りをするのがいいかな、と思います。
例えば、「汐入公園」は人が少なめでゆっくり見られるそうですよ。
他にも、「タワーホール船堀」、晴海ふ頭の展望台や東京タワーなども意外な穴場なのだそう!
いろいろな場所によって見え方も違うし、一緒に行く相手によってどこがいいか選ぶのも楽しいと思います♪

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*
Website