小学生の夏休みの工作にペットボトルで何がおすすめ?

LINEで送る
Facebook にシェア
[`fc2` not found]
[`livedoor` not found]

娘の夏休みの宿題の一つに、「ペットボトルを使った工作」があります。
でも、娘は、何を作ったらいいか分からないと言って困っています。
娘は、絵を描くのは得意ですが、工作はちょっと苦手なようで、
しかも新しいものを考え出すというのがなかなかうまくできないみたいです。
まだ小学校低学年なので、難しいのは仕方がないし、いくつかアイディアを出してあげて、
参考にしてもらおうと思います。

スポンサードリンク

ペットボトル風鈴は?

まず、一番簡単に作れそうだなと思ったのが、「ペットボトル風鈴」です。
ペットボトルの下の方を切って、中に紐をつるし、音の鳴るものを付けたり、周りを好きにデコレーションをします。
ビーズや色紙やセロファンなどを使って、可愛くすると楽しそうです。
また、ペットボトルを使った「おもちゃ」を作ろうと思うと、いろいろなアイディアが出て来そうです。
例えば、ペットボトルで車を作るのもおもしろそうだし、
他にも、万華鏡、空気砲などもおもしろいと思います。

スポンサードリンク

ペットボトルの工作で楽器を作ろう!!

それから、「楽器」を作ろうと思うと、意外と様々なアイディアが湧いてきます。
中に音の鳴るものを入れてマラカスにするとか、ペットボトルに穴をあけてギターを作るとか…。
もちろん、外側は自由にデコレーションをすると、かわいくて個性的な作品になります。
ペットボトルを一本だけではなく、何本か組み合わせて、ドラムセットのような太鼓を作るのも楽しそうです。
娘は、音楽が好きなので、楽器を作ってみたらと言えば、自力でおもしろいアイディアを生み出せるかもしれません♪

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*
Website