北鎌倉のあじさい コースと見ごろは

LINEで送る
Facebook にシェア
[`fc2` not found]
[`livedoor` not found]

北鎌倉周辺で、あじさいの季節に散歩をしてみたいと思っています。
以前鎌倉に行った時、電車から見えた、北鎌倉駅周辺の景色がとても風情があって心惹かれました。
その時は七里ヶ浜周辺の観光が目的だったので、北鎌倉はあきらめてしまいましたが、
今年の初夏は、あじさいの季節に必ず北鎌倉へ遊びに行きたいと思います。
あじさいの見頃は、6月中旬から7月頭くらいまでのようです。
とても混む時期でもあるようですが、きれいなあじさいがみたいので、多少の混雑は我慢して、
風情たっぷりのあじさいの景色を楽しみたいと思います。

スポンサードリンク

北鎌倉のあじさい コース

北鎌倉であじさいを楽しむなら、まず北鎌倉駅を降りたら円覚寺へ向かいます。
それから東慶寺、浄智寺を回って、「紫陽花寺」としてとても名高い「明月院」へ。
ここは北鎌倉のあじさいコースの中心的存在ですね。
さらに、鎌倉街道を南下して歩いて25分ほどの海蔵寺を通って、桜の名所としても有名な「浄光明寺」に寄り、
時間があれば鶴岡八幡宮も観光して、小町通りから鎌倉駅まで向かいます。

スポンサードリンク

明月院 あじさいの見頃

明月院のあじさいの見頃は例年6月上旬に咲き始め6月中旬~7月中旬が見頃です
ただし、土・日は北鎌倉の明月院の総門前は8時にはすでに百人を越える人が並んで8時30分の開門を待っているとか
できるなら平日がおすすめです
また、もし時間がなければ、有名な「明月院」だけでもいいかもしれませんが、
北鎌倉の魅力は、やはりいくつかの風情のあるお寺や、周囲の豊かな緑の景色です。
そぞろ歩きをするからこそ分かる魅力があるので、ぜひできる限りのお寺を周り、
それぞれのあじさいの魅力を堪能したいですね。
さらに、鶴岡八幡宮や、江ノ電の方にも少し行って綺麗な海の景色まで楽しめたら最高です。
あとは、美味しいランチかディナーを予約しておくのも大事ですね。

明月院 あじさいのランチやお茶

明月院 あじさい周辺のランチといえば、ビーフシチューの去来庵やけんちん汁の鎌倉五山
鎌倉五山は、いつもすごい行列ですが、3時くらいなら並ばずに入れるとか
鉢の木(北鎌倉、建長寺前本店)や、梅宮辰夫さんの弟さんがやっている梅宮ブラッセリーなどもあります
お茶なら欧林堂なども
予約できれば予約が正解ですが、ホントは心の赴くまま紫陽花を楽しみたいですね^^

⇒こちらの邸宅レストランもいい感じですね

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*
Website