ハロウィン キャンディーレイを配れば大満足!?

LINEで送る
Facebook にシェア
[`fc2` not found]
[`livedoor` not found]

ハロウィンといえば、やっぱりカボチャですね。
カボチャのスウィーツは色んなお店でもハロウィンの時期に登場してきますよね。
クリスマス同様、とっても華やかになってきて見た目も可愛いものが増えてますよね。

お子様にとってはハロウィンは、色んなお家やお店を回って
お菓子をもらうことがメインで楽しみにしているんですよね。

スポンサードリンク

子供会などの企画で、ハロウィンを行う場合は、たいていが
子供会で参加するお家に順番に巡って、お菓子をもらうことが
ほとんどかと思います。

そうすると、かなりの人数のお菓子を用意しないといけないのですが、
もちろん市販のキャンディーやチョコレートなどをバラバラにして
配るのもいいのですが、一人1個というわけにはいかないので、
沢山用意しなくてはいけなくなるのが現実ですよね。

そんな時に、お勧めなのが、キャンディーレイです
人数分作らなくてはいけないので、ちゃんと人数がはっきりしているときでないと
足りないということがないようにしたいです。

スポンサードリンク

袋は市販のPP袋を扱っているところなら、透明の色んな袋を扱ってます
ない場合は、傘の日に外にあるビニール袋をホームセンターなどで購入してつくります
あとはカラフルにリボンやパンの袋を止めるワイヤーや、麻ひもなど
色んなものを使うのがいいんです。

キャンディーを1つ入れたら、リボンで止めて、1本でキャンディー数個使いますが
かなり可愛いですよ
女の子だけなく、男の子も結構喜んでます

それ程キャンディーを入れられない時は、首にかける部分をリボンで作るといいですよ

これはお子さんと一緒に、お友達と一緒にハロウィンのイベント当日まで
楽しく作るのもいいですよね。

大きめのクッキーを作ってメダルのように首にかけるようにすると
これもお子さんは喜びますよ。
配るだけだとあっという間に終わってしまうし、
当日を迎えるまでに楽しむことや、お子さんと一緒に準備をして
ハロウィンを盛り上げていきたいですね。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*
Website