岡崎 花火 おすすめスポットや桟敷席は

LINEで送る
Facebook にシェア
[`fc2` not found]
[`livedoor` not found]

歴史やお城が好きなめいに、岡崎の花火を紹介してあげたいと思います。
私も行ったことはないのですが岡崎城をバッグに、花火が見られると聞いたことがあるので、
詳しく調べて、いろいろアドバイスしてあげられたらいいなと思います。

スポンサードリンク

岡崎の花火の打ち上げ数や時間は?

岡崎の花火は正式名称が「岡崎城下家康公夏まつり花火大会」というもので、
愛知にある岡崎城をバックに、花火が打ちあがり、珍しい光景が楽しめます。
2015年は、8月1日の土曜日の、午後6時50分から9時頃まで行われます。
結構長い時間楽しめる花火大会ですね!
打ち上げ本数もなんと2万発とのことで、かなりの規模の大きさです。
打ち上げられる場所は、乙川河畔と矢作川河畔。雨天でも決行されますが、
乙川の増水時などの場合は2日に延期されるとのことです。

岡崎の花火の見どころ

岡崎の花火の見どころといえば、岡崎城をバックにした花火が楽しめることはもちろん、
愛知県内でも有数の大規模な花火大会であること。
内容もかなり充実していて、仕掛け花火、金魚花火や火車、音楽とコラボしたメロディースターマイン、
銀滝、大のしといった、ユニークな花火を堪能できます。
さらに、屋台もかなりたくさんの数が出るので、夏まつりの楽しさも存分に味わえますね!
毎年、50万人近くもの人が見学に訪れるというくらい、東海地方でもかなり人気の高い花火大会なんです。

スポンサードリンク

岡崎の花火を桟敷席で見るには

岡崎の花火を桟敷席で見るには一般さ敷抽選会に参加しないといけません
平成27年7月5日(日)(予定)当日所定の場所、所定の用紙で申し込みをした希望者本人に対し、抽選で決定し即日販
売します。
さ敷1桝¥45,000.-
(定員:6名幼児2名※大人の膝の上に座る幼児)
電灯(裸電球)1灯¥4,000.-
(希望者のみ)
となっているので、地元じゃないと無理ですね

岡崎の花火のアクセス方法

岡崎の花火は、東岡崎駅か岡崎公園前駅、もしくは中岡崎駅から歩いて10分ほどで会場へ行けるので、
とてもアクセスがよく、車ではなくても行きやすいですね。
ただし、東岡崎駅はかなり混雑するようなので要注意です。
車で行きたいという場合は、東名高速の岡崎ICから10分くらいですが、駐車場の確保が問題です。
岡崎中央総合公園などに、合計で2500台分ほどの臨時の無料駐車場が設けられますが、
来場者数50万人弱、というのに対しては決して多くありません。
できれば、電車で行った方がいいと思いますね。

まとめ

岡崎の花火は、お城をバックに、様々な種類の個性豊かな花火を楽しめる、とても大規模で見応えたっぷりの花火大会のようです。
めいにはぜひ立派な岡崎城の姿と花火のコラボを存分に楽しんできてもらいたいな、と思います!

⇒岡崎の花火と一緒に家康ゆかりの観光を楽天トラベルでチェック

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*
Website