年賀状の一言 同級生へ心に残るものは?

LINEで送る
Facebook にシェア
[`fc2` not found]
[`livedoor` not found]

中学生の頃から仲良くしている同級生に、毎年年賀状を出していますが、
いつも同じような一言になってしまうので、何かもっと心のこもった一言が書けないかな?と思い、
ちょっと研究してみることにしました。

スポンサードリンク

年賀状の一言 同級生へ心に残るものは?

友人や同級生からもらった年賀状で嬉しかったものは、どんなものだったかというのを調べてみると、
例えば「印刷ではなくきちんと手書きのメッセージが書かれたもの」、「自分の近況やメッセージをとても長く手書きで書いてくれたもの」、というものでした。
やはり、手書きでメッセージを書くというのは、心を伝えるためにはとても大切ですね。
それから、あっさりと短くまとめるのではなく、長いメッセージを書いた方が、相手には心のこもった年賀状という印象を与えられるようです。

年賀状の一言 同級生への近況報告は

 
とはいえ、とても仲が良かったけれど、しばらく会っていない同級生とかだと、
何を書けば長いメッセージになるのか、分からなくなってしまいますよね。
そんな時は、最近自分の周りで起きた大きな出来事(受験や進学、アルバイトや引越し先のこと、結婚や出産など)について、詳しく書き、どんな風に考えているか、これからどうしたいと思っているかというのを書くと、きっと長くなると思います。
もちろん、相手の近況や健康などを思いやる一言も入れることも大事ですね。

年賀状の一言 同級生へはコメントがポイント

 
または、イラストなどを印刷した年賀状でも、隙間にたくさんのコメントが書かれた年賀状は、心がこもっていると感じるようです。
「今年は○年だね!」「今年はとうとう○歳になるね!」「同窓会、今年はあるかなあ?」「最近体調はどう?」といった、
ちょっとした疑問や一言でも、たくさん手書きのメッセージがあればとても嬉しいものです。
自分で選んだイラストにツッコミを入れたり、自分の写真やプリクラを付けて吹き出しにメッセージや今年の目標を書いたり、というのもいいですね♪

スポンサードリンク

まとめ

同級生からの年賀状は、相手が今どうしているかを知れたり、懐かしい気持ちになれる大切な機会です。
今どんな状況にあって、どんなふうにしているのかが分かるような、手書きのメッセージを入れたり、
細かい一言でもたくさん書かれていると、心がこもった年賀状になると思います。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*
Website