インフルエンザの予防接種を受験生が受ける時期はいつがいいの?

LINEで送る
Facebook にシェア
[`fc2` not found]
[`livedoor` not found]

インフルエンザが気になる季節になってきましたね
今年は高校受験を控えた息子がいる我が家では、インフルエンザの予防接種を受けるかいま検討中です
毎年受けているお子さんもいるかと思いますが、うちでは数える程しか受けていません
しかも、保育園の年長さんの年に卒園式などインフルエンザにかかったら大変だからと思って受けたのですが、その年もしっかりかかってしまいました。予防接種のおかげで軽く済んだような気もしますが。。。
息子の場合高校受験は1月に推薦・2月に私立・3月に公立といったスケジュールになります
1月から3月、できれば12月から効果が出ないといけないんです

スポンサードリンク

インフルエンザの予防接種の効果の期間は

接種してから効果が現れるまでに2週間程度ほどかかり、接種して半年後には効果が低下かします
インフルエンザは、1月から3月を中心に流行しますから、ちょうど受験期間と重なります
1月から3月効果が期待できるように接種をしようとしたら
遅くとも12月中旬までにはワクチンを受けておくことが望ましいですね
13歳未満は2回接種、13歳以上は1回の接種でも可なので、15歳の息子は1回でいいということです

スポンサードリンク

インフルエンザの種類

一般的にインフルエンザの症状は
●38℃を越える高熱がある
●寒気・震え
●倦怠感
●関節痛・筋肉痛
●頭痛
●喉の痛み
●咳(起こらない場合もある)
●鼻水
●くしゃみ
特に風邪と違うのは一気に高音に出るのと関節痛・筋肉痛、倦怠感がきついという点でしょうか?
インフルエンザの種類はA型、B型、C型とありますが
A型がとても危険性が高く、インフルエンザウイルスが変化しやすく、世界的に猛威を振るうので、注意が必要です。
B型はA型の次に危険性が高いですが、一度感染すると二度目の感染率は低くなるようです
C型は症状も軽く、多くの方が免疫を持っていますので、予防ワクチンの対象になっていません。

インフルエンザの注意点

インフルエンザは発症してから通常3~7日間はウイルスを排出すると言われており、熱が下がっても、2日間は感染させる可能性があります。
だから、熱が下がっても2日間は学校や会社は休まないといけません
もちろん。外出を控えなければなりません
受験の場合も当然受けに行けないので、不合格になってしまいます。
だから、インフルエンザは受験生には怖いです
インフルエンザワクチンは効果がないという説も最近は多くなってきているので、日々の食生活や睡眠不足などに気をつけたいですね。睡眠不足が受験生の場合なかなかむつかしいので、睡眠の質を上げるのが大切です

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*
Website