日焼け止めの開封後の使用期限について。来年の夏も使える?

LINEで送る
Facebook にシェア
[`fc2` not found]
[`livedoor` not found]

会社の後輩に、使いかけの日焼け止め、来年も使えるって聞かれたので、日焼け止めの使用期限について調べてみました
社会人になってしっかりとお化粧を始めると、化粧品代もバカにならなくて、
なるべく長く使いたいと思う気持ちは私もよく分かるけれど…。
特に日焼け止めは、次の夏までとっておき、また使おうと思いがちなのはよく分かる!
でも、日焼け止めを開封した後は、1シーズンで使い切らないとダメ。
先輩として、開封後の日焼け止めを翌年にも使うのは絶対ダメと言っておきたいし、
もし残ったら捨ててしまいましょう。もったいないと思う気持ちは分かるけれど、
残ったものを翌年に使うのは肌にとても悪いから、気を付けて!

スポンサードリンク

スポンサードリンク

日焼け止め開封後は酸化しちゃう?

日焼け止めは、紫外線をブロックしてはねかえす成分などが入っているので、
開封後空気に触れると、すぐに酸化してしまう可能性が高いです。
酸化したものが肌に触れると、肌に大きなダメージが加わる可能性が高くて危険。
アンチエイジングや、美肌のためには、酸化した化粧品を避けることはとても重要。
特に日焼け止めは、去年の残りを使ってしまう場合が多いので本当に気を付けて欲しいところ。

日焼け止め開封後前なら来年も使える?

ただし、開封前であれば、涼しくて日の当たらないところに保管されたものなら、3年くらいなら大丈夫みたい。
でも、オーガニックやナチュラルコスメには期限が書かれていることがあるので、よく確認してみて。
それから、あけたときに変なにおいがしないかとか、分離したり変なものが浮いていないか確認できるとベスト
綺麗になるための化粧品や日焼け止めで肌荒れを招いてしまったら悲しいので、
使用期限には十分に注意するようにしてね。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*
Website