海鮮チゲ鍋 具材や作り方は?締めはラーメン??

LINEで送る
Facebook にシェア
[`fc2` not found]
[`livedoor` not found]

チゲって韓国では「鍋」って意味なんですよね
だから、多めの煮汁で煮る鍋物のことをチゲと呼ぶそうなんです

日本と同じで旬の食材を使うのがチゲの美味しいところです
お肉や魚介とその時その時に美味しいもので作るものなので
日本の鍋とまったく変わらないものですよね
ただ、コチュジャンやキムチなどの赤いものが多いのが特徴ですね

スポンサードリンク

海鮮チゲ鍋の具材

汗をかきながら食べるのが、日本だけでなく韓国でも人気がある理由ですね
大勢でワイワイいいながら食べるのは、変わらないんです

冬に美味しくなる魚介ですが、
この魚介類をたっぷりと使ってつくる「海鮮チゲ」は男性にも女性にも人気があります
友人と一緒に食べたのが人気があるので、作り方を教えてほしいというので
ご紹介します

スーパーで手軽に手に入るもので美味しい海鮮チゲはつくれるので
新鮮なものを選んで色々とアレンジしてみてください
今回は鍋に使うことの多いタラを使いたいと思います

タラ・有頭エビ・ハマグリ・ホタテの貝柱
えのきたけ・わけぎ・豆腐

スポンサードリンク

海鮮チゲ鍋の作り方

① タラは塩タラでも大丈夫ですが、甘塩を選んでください
  一口大にカットして、骨がある時は取り除いておきましょう
  
② エビは頭つきのものだと豪華になるし、味もでるので
  できれば有頭エビを選びたいです
  背ワタをとります 背中に竹串でひっかけるとでてきます

③ 貝はできれば豪華にハマグリをいれたいものですが、
  大きめのアサリを入れてもいいですよ

④ ホタテの貝柱は厚いものが多いので、厚みを半分にしておきます

⑤ きのこは海鮮がメインなので、えのきたけが合います
  石づきをとってほぐしておきます
  わけぎを斜めにカットしていきます
  長ネギでも美味しいのですが、色味がほしいので、わけぎを使うことをお勧めします

⑥ 鍋に、だし昆布を入れてお水を入れて15分ほど煮ます
  タラを加えて煮立ったらアクがでてきますので、アクを丁寧に取り除きます

⑦ 昆布も取り出したら、みそ、コチュジャン、酒、しょうゆ、ニンニクのすりおろしを溶かして
  一口大に切った豆腐を入れます

⑧ 魚介を入れて、エビの色が変わったらわけぎとえのきたけを入れて
  ひと煮たちしたら完成です

海鮮のダシが効いてとても濃いスープができますので、締めにインスタント麺を入れても美味しいです

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*
Website