口内炎にリステリンがおすすめって??口内炎 治し方をいろいろご紹介します

LINEで送る
Facebook にシェア
[`fc2` not found]
[`livedoor` not found]

口内炎ってできるだけ早く治したいですよね!!
一般的な口内炎の治し方は、口の中を清潔にして、体を休めて、しっかり睡眠を取って免疫力をアップさせ、バランスのとれた食生活をといったことが言われるんですが、もっと即効性のある治し方が知りたいですよね
チョコラBBもいいって聞きますが、出来てしまって、少しでも早く治したい口内炎にすぐ聞くわけでもありませんよね
ここでは、口内炎を早期に治す治し方をいろいろ紹介したいと思います。どの方法も効く効かないは個人差がありますので、いろんな方法を試してみてくださいね

スポンサードリンク

口内炎にリステリンがおすすめ

以前、ためしてガッテンでもおすすめしていたのが殺菌成分入りのうがい薬や洗口液(せんこうえき)を使ったブクブクうがいです
以前聞いたことがあったのがリステリン。歯医者さんでもおすすめって教えてもらったことがあります
なんでも、リステリンに含まれているシネオールという成分がいいようです
毎食後と寝る前の、1日合計4回、20秒のブクブクうがいをおこなうのがいいようです
もちろん、殺菌作用のある他のうがい薬や洗口液でもOKです
殺菌成分がある洗口液は口当たりがきつい場合は、後で水でうがいを2・3回しておきましょう

スポンサードリンク

ステロイド剤軟膏を塗る

病院で処方される口内炎の塗り薬の大半がこれです。市販薬の一部にもステロイド剤軟膏はあります。免疫を抑制し、痛みを和らげる働きがあります。細菌の繁殖を抑えることはできないので、まず殺菌成分入りのうがい薬や洗口液でうがいしてから使用するのがおすすめです。ステロイド剤は原因をなくすのではなく、症状を緩和させる、対症療法です。そのため、使い方によっては長引くこともあります。

口内炎にガムも効果的です

ガムを噛むことで、唾液が活発に分泌され、口の中の消毒につながるからです。つまり、口の中が消毒されることで、口内炎の予防にもつながるのです。唾液には抗菌作用があります。粘膜は唾液による潤いがないと、炎症を起こしやすくなります。
お口が乾燥しやすい方は意識して鼻呼吸をするようにしてもいいですね
唾液は刺激で出やすくなるので、ゆっくりよく噛んで食事をするのも大切です

他には、牛乳を飲む、牛乳と酢のドリンクを飲む、口内炎パッチを貼る、はちみつを塗るといった方法
酢でうがいしたり、酢の物を食べる、梅干を塗る、大根おろし(汁)を食べるといったものもありますよ
殺菌効果もですが、唾液が出ていいのかもしれませんね

もちろんビタミンB2を多く含む食品やサプリを取る、ヨーグルトを食べる、睡眠をしっかり取る、ストレスを貯めないといったことも重要なポイントです

⇒私のおすすめサジージュースも試してみてください

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*
Website