伊勢神宮 参拝 方法を親子でチェック。マナーを子供に教えておきましょう

LINEで送る
Facebook にシェア
[`fc2` not found]
[`livedoor` not found]

学生時代からの友人が、お伊勢参りにハマっていて、度々参拝しているそうです。
昨年はとうとう、あまり旅行をしない母親も、伊勢神宮へ行ってきたと言います。
そういう話を聞いていて、私も家族で行ってみたくなり、今年は家族旅行を兼ねて伊勢神宮へ行こうと思っています。
でも、子どもも連れて行くし、きちんとした参拝方法を知っておき、子どもたちにも教えなくてはいけません。
失礼のないよう、作法をわきまえて、参拝して来たいと思います。

スポンサードリンク

伊勢神宮 参拝 マナー

伊勢神宮 参拝 服装

まず、服装はある程度きちんとした、キレイ目の格好が良さそうです。ご祈祷を行うなら、スーツを着て行くべし。

伊勢神宮 参拝 の仕方

参拝の前には、手水舎で、両手(まずは左手から)を洗って清め、口もすすぎますが、柄杓に口を付けるのはNG!
口をすすいだ後はもう一度左手を洗います。
そして、拝礼は、90度に腰を曲げて、まずは「二拝」。
そして、「二拍手」をして、おまいりをし、最後に「一拝」します。
お賽銭を投げて入れるのは好ましくありません。
子どもたちにも、小銭を投げないよう、静かに入れるように言い聞かせようと思います。

スポンサードリンク

伊勢神宮 参拝 鳥居をくぐるときのマナー

それから、忘れがちなのは、鳥居をくぐるときのマナー。
鳥居をくぐる前に、軽くお辞儀をします。(「揖(ゆう)」というお辞儀)
ちなみに、参道や鳥居は真ん中を歩いてはダメです。真ん中は、神様が通る道だからです。
それから、おまいりの時にはついついお願い事をしてしまいがちですが、
お願いごとではなく、日頃自分たちのことをお守りくださっていることに「感謝」すべきなのだそうです。
こういったマナーをきちんと子どもにも話し、家族みんなで正しい参拝方法を守りたいと思います。

伊勢神宮 参拝の順番は

伊勢神宮には外宮(衣食住・産業の神、豊受大御神)と内宮(天照大御神があります
まず外宮お参りして内宮になります

外宮参拝所要時間 約1時間
内宮参拝所要時間 約1時間30分
外宮から内宮の移動はバス 約30分ほどです

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*
Website