母の日のプレゼント  カーネーションで驚かせるのはいかが?

LINEで送る
Facebook にシェア
[`fc2` not found]
[`livedoor` not found]

母の日のプレゼント、時には工夫した内容で、お母さんをあっと言わせたいですよね!
そこで、ママ友が、色とりどりのカーネーションの花束を贈りたいと言っていて、なかなか考えたなあと思いました。
確かに、なかなかなさそうな、ビックリされそうな花束ですね。きっと喜んでもらえると思います。
でも、ちょっとだけ気を付けた方がいい点があります。それは、カーネーションの「色」です。

スポンサードリンク

カーネーションは色で花言葉が違います

花には、花言葉がありますが、色によって意味が変わってくるのです。
例えば、定番の赤のカーネーションの花言葉は、「母への愛情」です。
ピンクもよく使われますが、「感謝」や「あたたかい心」などという意味が込められています。
オレンジは、「純粋な愛情」といった意味。恋人へのプレゼントにも使われますが、母の日に贈るのには問題ありません。
ちょっとキケンそう?と心配するかもしれない青は、「永遠の幸福」なので、これも贈ってもOK。
紫は、「誇り」や「気品」という意味なので、これももちろんOKです。

スポンサードリンク

母の日のカーネーションは色がポイント

ただ、避けた方がいい色もやっぱりあるんですね。
白のカーネーションは、とてもキレイですが、亡くなったお母さんへ捧げるという意味があるので、避けてください。
それから、黄色のカーネーションは、「軽蔑」や「愛情の揺らぎ」などの意味があるので、避けた方がいいですね。
シックで大人っぽい、濃い色のカーネーションも実はネガティブな意味が…。「私の心に悲しみを」という花言葉なので、避けてくださいね。
白、黄色、濃い赤以外のカーネーションを避けて、他の色をミックスさせて贈れば、喜ばれる素敵な花束になりそうです

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*
Website