日焼け止めのSPF値の選び方

LINEで送る
Facebook にシェア
[`fc2` not found]
[`livedoor` not found]

日焼け止めのSPF値の選び方についてママ友に相談されました。
何となくは分かっていましたが、この機会にしっかり調べてみようと思いました。
「SPF」とは、「サンプロテクションファクター」のことで、紫外線B波をどれくらい防止するかを表す数値。
この数値が大きいほど、紫外線カットの効果が高くなるわけですが、
SPF30だから30時間UVカットができる、というわけではありません。
紫外線があたってから日焼けをするまでの時間(人によってちょっと違いますが、15分~20分くらい)が、
SPF30なら30倍、SPF50なら50倍になるという意味です。

スポンサードリンク

日焼け止めはspf30で大丈夫

そのため、SPF値は、紫外線に当たる時間によって選ぶといいようです。
短時間の買い物程度ならSPF30くらいで十分。
海などで遊ぶなら、SPF50のものが安心です。
でも、人によって、日が当たってから日焼けするまでの時間は違うので、
SPF50でも、あまり長時間は効かない方もいます。
そのため、SPF値50だから、何時間絶対に日焼けしない!とは言えないのです。
SPF値は、あくまでも、紫外線をブロックでいる強さの目安を表すものです。

スポンサードリンク

日焼け止め プールやビーチのspfは?

私も、すぐに日焼けする方なので、SPF50を塗っても、紫外線が特に強い時期は、こまめに塗り直しています。
特に、プールや海でのレジャーで、水に塗れたり、汗をかくと、
日焼け止めは効果がなくなってしまいやすいので、何度か塗り直すことが大事です。
それに、夏の間は、ほんの1時間程度のお出かけでも、できるだけSPF50を使っています。
春や秋頃になれば、SPF30で十分かなと思い、ちょっとずつ調整していますよ。

⇒化粧直しに便利な日焼け止めはこちらがおすすめです

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*
Website