日焼け止めの 紫外線吸収剤不使用と紫外線散乱剤って?

LINEで送る
Facebook にシェア
[`fc2` not found]
[`livedoor` not found]

日焼け止めは、紫外線吸収剤不使用のものがいいと雑誌か何かで見ました。
それからは、何となく紫外線吸収剤を使っていない日焼け止めを選んできましたが、
ふと、どうしてその方がいいのか、あまり理解していないことに気が付きました。
本当に、紫外線吸収剤不使用の物の方がいいのか、本当ならどうしてなのか、調べてみようと思いました。

スポンサードリンク

日焼け止めの紫外線吸収剤不使用って

紫外線吸収剤不使用の日焼け止めには、代わりに、「紫外線錯乱剤」が使われています。
それは、紫外線を吸収することで化学反応を起こしてしまう紫外線吸収剤よりも、
肌にやさしいのがメリットです。
化学反応によって変性した物質が、肌に刺激を与えてしまう可能性があるので、
肌が敏感な方は、紫外線吸収剤不使用のものの方が安心です。
私も、敏感肌なので、普段使い用の日焼け止めは、紫外線吸収剤不使用のものを使いたいと思っています。

スポンサードリンク

日焼け止めの紫外線散乱剤って

ただ、紫外線錯乱剤の場合、白浮きしやすいとか、汗などで落ちやすいなどのデメリットもあります。
それらのデメリットが改善されている商品もあるようですが、
長時間の外でのレジャーや海・プールなどへ行く場合は、
紫外線吸収剤を使った強めの日焼け止めの方がいいかもしれません。
いくら肌にやさしくても、落ちやすく、すぐに日焼けしてしまったら、
よけいに肌に刺激になってしまい、肌荒れやシミそばかすを招いてしまうので…。
それに、紫外線吸収剤を使っているものでも、
「ドクターシーラボマイルドUV」などの、肌にやさしい商品も出てきているようですよ。

⇒ドクターシーラボ マイルドUV

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*
Website