熱田祭りの花火の楽しみ方や時間は?

LINEで送る
Facebook にシェア
[`fc2` not found]
[`livedoor` not found]

めいが、彼と一緒に名古屋の熱田祭りに出かけるそうです。
毎年、6月5日行われている、熱田神宮の「例祭」であり、とても伝統のある重要なお祭りなのだそうです。
熱田神宮は、三種の神器の一つ「草薙神剣」の御鎮座に由来する神社で、
年間で70もの祭典や神事が行われており、昔からそのままの形で伝えられています。
その中で一番大きなお祭りが、この熱田祭りです。
神聖で荘厳な祭儀が本宮で行われる一方、子ども神輿や武道大会なども行われます。

スポンサードリンク

熱田祭りの花火の楽しみ方

また、めいにぜひ見てもらいたいのは、夕方になると美しく灯される「献灯まきわら」や、
神宮公園の花火です。打ち上げ会場である公園内は入れないので、少し離れた場所から見ることになります。
「白鳥庭園」あたりで見物するのがとてもキレイなのでおすすめです。
花火は、1000発ほど打ち上げられ、地域ではいち早く行われる花火大会なので、
名古屋に住む方々にとっても重要な存在です。
かわいい浴衣を着て、ぜひ彼氏と花火鑑賞を楽しんでもらいたいですね。
ちなみに、もし雨が降ったら6日に延期されるので、
もし都合が付けば、二泊してゆっくり楽しむのもいいかも。

熱田神宮へのアクセス

熱田神宮までのアクセスは、名鉄本線神宮前駅から歩いて3分くらいです。
地下鉄の神宮前駅や、神宮西駅からも近いです。
東京からは、新幹線で名古屋駅まで行き、名鉄名古屋本線に乗り換えて、神宮前駅で降りればOK。
とても分かりやすいので初めて行くめいでも大丈夫だと思います。
また、車で行きたい場合は、境内に駐車場は400台分ほどありますが、熱田祭りの間は使用できないので要注意ですね。

スポンサードリンク

熱田神宮ならおひつまぶし

熱田神宮とセットで行きたいのがあつた蓬莱軒
本店、神宮店とも熱田神宮の近くです。残念ながらランチの事前予約は受け付けていないようで
予約は、原則、会席料理のみです
本店、神宮店ともに土曜日のランチだと1時間から2時間弱です。順番待ちの札を渡され、並ばなくとも、戻ってくる時間を教えてくれるので、熱田神宮などに行けます。待ち時間と熱田神宮参拝とひつまぶしを食べるのをセットにして2時間30分が目安席数
席数が比較的多いので見た目よりは待ち時間は短いようです

<あつた蓬莱軒 本店>
愛知県名古屋市熱田区神戸町503
052-671-8686
営業時間
11:30~14:00(ラストオーダー)
16:30~20:30(ラストオーダー)
定休日:水曜日(祝日は除く)

<あつた 蓬莱軒 神宮南門店>
〒456-0031 愛知県名古屋市熱田区神宮2-10-26
052-682-5598
営業時間
11:30~14:30
16:30~20:30
定休日:火曜日(祝日は除く)

夜の予約については、本店・神宮店とも、蓬莱軒のホームページで確認して下さい。
⇒熱田神宮の観光はこちらでチェック

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*
Website