柳川 水天宮祭りは舟舞台を!!

LINEで送る
Facebook にシェア
[`fc2` not found]
[`livedoor` not found]

柳川の沖端水天宮祭りに両親が興味を持っていて、今年のゴールデンウィークに行くことを検討しているようです。
沖端水天宮祭りは、5月3日から5日に開催されるお祭りで、
夏の間に子ども達の水の事故が起きないようにお祈りする意味があるそうです。
そのため、子どもを水の事故から守るためのお守りが、お祭り期間中に売られるそうで、
両親は、プールや海が大好きな孫達のために、お守りを買ってくるつもりだそうです。

スポンサードリンク

柳川の水天宮祭りって

沖端水天宮の歴史は140年ほどで、三つあった神社を合祀したものだそう。
福岡県柳川市にあり、地元の方々から『水天宮さま』と呼ばれて親しまれているとのことです。
お祭りでは、「三神丸」という船に豪華な舞台を作ったものを、掘割に浮かべます。
その舞台では、華やかな「水天宮囃子」が披露されます。
他にも水天宮はあちこちにありますが、沖端水天宮祭りでしか見られない貴重なお囃子だそうです。
笛や太鼓の演奏の他に、日本舞踊が舞われたり、三味線の音が響いたりと、日本らしさがたっぷりです。
子どもたちが演奏することもあるそうですよ!

スポンサードリンク

柳川 水天宮祭りおすすめポイントは

ちなみに、この三神丸舟舞台では夕方かから夜までの間、お囃子が披露されます。
でも、お祭りの見どころはそれだけではなく、御神幸行列も行われます。
行列は3日の13時からスタートします。旗を持った子どもたち、太鼓や笛や、
お神輿、賽銭箱などをかつぐ人々が、4時間もかけて練り歩きます。
舟舞台ももちろんですが、この行列も見ものですね!
掘割には、屋台もたくさん並ぶし、両親には昼間から夜までじっくり楽しんできて欲しいです。

水天宮祭りと柳川うなぎも

せっかく柳川に行くならうなぎや柳川川下りも楽しんできて欲しいですね
柳川にあるたくさんのうなぎやさんの中でも江戸時代の1681年(天和元年)から300年以上続く、超老舗鰻店の【元祖 本吉屋】が一番人気のようです
「せいろ蒸し」発祥のうなぎ屋さん。天然ものなのでやはりお値段はそれなりですが、一度は食べてみたいですね
本吉屋さんは西鉄天神大牟田線「西鉄柳川」駅より徒歩12分なので、水天宮からは御花前からバスで西鉄柳川駅へ10分です
柳川川下りの大東エンタープライズ「隅町」乗船場へは徒歩4分です
⇒柳川下りの詳しい情報はこちら

⇒柳川の魅力はまだまだあります

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*
Website