大曲の花火の有料席と一般観覧席って?

LINEで送る
Facebook にシェア
[`fc2` not found]
[`livedoor` not found]

大曲の花火は本当にすごかった!と兄がしきりに言うので、
私も、大曲の花火を今年こそは見に行きたいと思っているのですが、
有料席はどんな席なのか、チケットの取り方など、まだあまり詳しいことを知らないので、
しっかり調べてみたいと思います。

スポンサードリンク

秋田の大曲の花火って?

大曲の花火は、毎年、8月の第四土曜日に行われているので、2015年は8月22日となります。
大曲駅から2㎞くらい、歩いて10分ほどの場所が会場となっています。
なんといっても、大曲の花火といえば、全国花火競技会という名前もある通り、
日本の中でも権威ある花火大会です。
内閣総理大臣賞・経済産業大臣賞などの賞が授与されることでも有名です。
テーマを設けた「創造花火」も始まったことで、さらに大曲の花火は人気と注目を集めています。
ちなみに、大会当日は個人有料席が設けられるので、そのチケットを取っておいた方が無難です。

大曲の花火の有料席の情報

有料席は、桟敷席のA席が6名まで、C席が5名までとなっていて、
A席は2万3千円、C席は1万5千円となっています。
A席が6列あり、その後ろにC席が設けられる形です。
他に、今年から「イス席」というものが登場し、こちらもA席と同じように、打ち上げ場所の目の前の絶好の場所です。
イス席は1名分で3000円となっています。
イス席の隣には、無料席も設けられますが、かなりの激戦になるので、この席をとるのは大変です。
確実に見るならやはり有料席を取っておきたいですね。

スポンサードリンク

大曲の花火の有料席の取り方

有料席は、応募者の中からの抽選となります。
抽選販売の申し込みは、電話、インターネット、大曲市民会館にて直接販売、という3つの方法があり、
電話とインターネットは6月12日の朝10時から、6月15日の夜11時までとなっています。
直接販売の場合は、7月5日の朝8時からとなっています。
もしキャンセルがあった場合は、二次販売が行われることもあります。
この場合は、インターネットのみの受付になるそうです。
抽選なので、外れてしまったらとても残念!ですが、とにかく応募してみないといけませんね。

大曲の花火のまとめ

大曲の花火大会は、とても人気の高い、そして権威のある花火大会なので、
見に行くなら、有料席を取っておいた方がよさそうです。
抽選なので、当たるといいのですが、とにかく6月12日になったら忘れずに抽選販売に申し込まないといけませんね!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*
Website