天神祭は花火の穴場や観覧場所

LINEで送る
Facebook にシェア
[`fc2` not found]
[`livedoor` not found]

今年の夏は、天神祭の花火が見たいと思っているのですが、日本三大祭りの一つとして有名な天神祭の花火なので、
かなり人が集まり混雑するようです。
そこで、どこから見るといいのか、いろいろと調べてみようと思います。

スポンサードリンク

天神祭の花火は船渡御も見逃せません

日本三大祭りの一つとして有名な、大阪天神祭では、最後のクライマックスとして重要な「天神祭奉納花火」が行われ、
船渡御と花火が同時に見られます。
花火が打ち上げられる時間は、夜7時から9時までとなっています。
毛馬桜ノ宮公園と、川崎公園の二カ所から、大川をはさんで両側から花火が打ち上げられ、約4000もの花火が楽しめます。
文字仕掛け花火がとても有名で、名物にもなっています。天神様にあやかった「紅梅花火」も見逃せませんね。

天神祭奉納花火のおすすめの観覧場所

普通に花火を見たいと思っても、多くの観光客などが集まり、なかなか難しいかもしれません。
なにせ、100万人もの人が観覧に集まると言われているので、かなり覚悟して見に行かないといけませんね。
そこで、思い切って、船渡御の船に乗ってしまう、という方法があります。
船から花火が見られて、しかも祭りで重要な船渡御の一員になれるという、とても貴重な体験ができますね!
他にも、帝国ホテル大阪や、大阪リバーサイドホテルなどを予約するのもGOODです。

スポンサードリンク

天神祭奉納花火の穴場

他にも、天神祭奉納花火が楽しめる穴場としては、ちょっと会場から離れた「都島橋」などが挙げられます。
源八橋など、大川にかかっている橋からは、とても花火がキレイに見れるのですが、その分混雑も激しいです。
都島橋なら、ちょっと離れている分、混雑がゆるやかなのだそうです。
大阪アメニティパークとかは、打ち上げ会場の対岸にあって目の前なので、迫力も満点ですが、
その分、できるだけ早めに行って場所を取っておいた方が良さそうです。

天神祭 花火を楽しむなら

天神祭奉納花火は、天神祭のクライマックスを彩る重要な花火大会で、観覧に訪れる人もかなり多いようです。
そのため、船渡御の船に乗る、ホテルに泊まる、穴場を見つけて早めに行くなど、工夫して見ることが必要ですね。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*
Website