インフルエンザは小学生なら自然治癒でも大丈夫?

LINEで送る
Facebook にシェア
[`fc2` not found]
[`livedoor` not found]

小学生の娘がインフルエンザにかかってしまったようで、医者に行こうかと思うのですが、
自然治癒させてもいいのだろうか?と疑問に思っています。
医者に行かないと不安な気もしますが、タミフルも何となく不安なのです。

スポンサードリンク

インフルエンザ 自然治癒できる?

インフルエンザは、実際は、高齢者をのぞけば、自然治癒ができる病気だそうです。
でも、タミフルを飲めば、体の中で増殖したウィルスをなるべく外に出さずにやっつけることができ、まわりへの感染力を低めたり、
熱を下げたりする効果があります。まわりにうつりにくくなり、本人も熱が下がってラクになるなら、やはり飲ませた方がいいのかなとも思います。
ただ、タミフルは、発症してから48時間以内に飲ませないと効果が期待できない、という面があります。

インフルエンザ 自然治癒の方法は?

もし、もうタミフルが効かない時期になってしまったら、薬を飲ませずに自然治癒を待ち、水分を取らせて安静にしていればいいそうです。
48時間経過してしまっても、熱がまだ高ければ、小児科で処方されるアセトアミノフェンの解熱剤を飲ませれば、熱をある程度下げることができ、
本人も楽になるので、飲ませてあげた方がいいかもしれません。ただし、アスピリンは避けた方がいいそうです。
まだ、熱が下がってしまうことで安静にできなくなってしまうなら、飲ませない方がいいかもしれない、という意見もあります。

インフルエンザ 小学生には自然治癒よりタミフルを

また、子どものインフルエンザで怖いのが「脳症」です。タミフルは99.9パーセント以上の人に対しては危険性はないとのことだし、
少しでも重症化を防げるのなら、発症後48時間以内なのであればやはり飲ませてあげた方が良さそうです。
ある研究結果では、やはり熱が高い方が脳症になる可能性が高いことが分かったようなので、
タミフルか、もしくは処方されたアセトアミノフェン系の解熱剤で熱を下げてあげた方が安心できると思います。
高熱で辛そうな場合や、発症後48時間以内にタミフルが手に入った場合は薬を使い、そうでなければ自然治癒を待つ、というのがいいと思います。

スポンサードリンク

まとめ

インフルエンザは、高齢者でなければ、タミフルを飲まなくても自然治癒する病気だと聞き、少し安心しました。
でも、熱が高くてぐったりしている場合などは、やはり熱をある程度下げてあげた方がいいと思うので、薬を使った方が良さそうですね。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*
Website