寒たまごを食べて無病息災!?

LINEで送る
Facebook にシェア
[`fc2` not found]
[`livedoor` not found]

寒たまごってご存知ですか?
大寒の日に生まれる卵を食べると一年無病息災にと伝えられているそうです
また、が風水の世界で金運上昇の食べ物という意味合い言われているそうです
2016年の大寒は1月21日です。

スポンサードリンク

寒たまごって

大寒は二十四節気のひとつで一年で最も寒さが厳しい時期とされています。
寒たまごはその大寒の日に生まれたたまごは、昔から「食べると健康に暮らせる」といわれています。寒さのため卵の数が減り、その分たまごの滋養分がたっぷりになるからなんです。

寒たまごには「生気に満ちあふれた縁起物」という面もあるのです。そのため風水の世界では、「寒たまごを食べると金運が上昇する」ともいわれています。

鶏始乳(にわとりはじめてとやにつく)って

中国ではこの時期を「鶏始乳」と呼んでいます。
春の気を感じたニワトリが、鳥屋に入って卵を産む時候をいうのだそうです
冬至が過ぎて、徐々に昼間の時間が長くなると、春を感じて鶏が卵を産み始めるようです
また、生気あふれる縁起物として、風水でも「金運上昇の食べ物」としう意味もあるようですね

スポンサードリンク

寒たまごの卵酒

信州伊那谷で古くから伝わるおばあちゃんの知恵として
栄養豊富なたまごに一段とパワーアップするから卵酒にすると!
体がポカポカして風邪の予防に・・・効果有りと!言われているそうですよ

ほかにも、大寒の朝の水は1年間腐らないといわれており、納戸に保管する家庭も多いようです。

寒たまごを購入するには

寒さに負けず頑張る鶏たちが生んだ「寒たまご」で、幸せをゲットできるっていいですね^^
『大寒たまご』だけで作ったバウムクーヘンなどもあるそうですよ
養鶏場に直接買いに行っても売り切れということも多いので予約販売がおすすめです
⇒寒たまごを楽天で購入するならこちら

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*
Website