クリスマスパーティ料理に手作りローストチキンは外せません

LINEで送る
Facebook にシェア
[`fc2` not found]
[`livedoor` not found]

クリスマスと言えば、アメリカでは七面鳥を使ってローストターキーを作るのが定番です
でも日本では七面鳥がポピュラーな食材ではありません
そこで、日本でも食べやすいようにと鶏肉をつかってローストチキンが作られるようになりました

ローストチキンは今では定番のクリスマス料理ですよね
でもついついお店で焼かれているものを買ってきて、それを食べるだけになってますよね

でもクリスマスは家族で楽しめるようにと、料理を作るところから楽しむのが
本来のクリスマスなので、是非一度ローストチキンを作ってみてほしいです

スポンサードリンク

でもローストチキンを作るには、ガスオーブンかしっかりとしたオーブンがないと
作ることができません
立派なオーブンをお持ちの方は多いと思うので、是非クリスマスに活用してみてください

丸ごとのチキンはクリスマスの時期にはスーパーでも簡単に手に入るようになりました
それにこの時期は需要が多いおかげで、とってもリーズナブルなんです

丸ごとのチキンは綺麗に掃除されているのですが、
一応お腹の中がきれいになっているかチェックしてから使いたいです
鉄板にオーブンシートをしっかりとひいておきます
肉汁を使ってソースを作りますので、必ずシートをひいてください

スポンサードリンク

チキンに詰めるものは、みじん切りにしたニンジン、玉ねぎ、ニンニクを
フライパンで炒めて、タイ米などの水分が少ない米をいれて炒めます
その後、コンソメの素を溶かしたスープを入れて水分が飛ぶまで煮ていきます
完全に火が入っていなくても詰めてしまえば火が入るので大丈夫です
七面鳥で作る際は、レバーがついているので、それも一緒に炒めていくのですが
丸ごとのチキンの場合は付いていないので、自分で別で購入して一緒に炒めていきます
コクが出るので、あるといいです
炒めたご飯たちはボウルにあけて少し粗熱を冷ましておきます

チキンにはオリーブオイルを全体にまぶしてすりおろしのニンニクも回りにつけていきます
粗熱が取れた炒めご飯をお腹に詰めていくのですが、思ってる以上に入るので
びっしりと詰めて大丈夫です
お尻の部分は、爪楊枝で縫うようにして止めれば大丈夫です

鉄板に乗せたらローズマリーなどのハーブをチキンの下に敷いていきます
ハーブはすぐに焦げてしまうので、チキンの下に入れていきます
香りがいいので、必ず入れたい食材です

じゃがいもなどは洗って丸ごと一緒に焼いていくといいです
チキンの皮がパリッとして、焼き色が付く頃にパプリカなどの野菜を入れて
彩りよくしてあげると、チキンを並べた時に華やかになります

ソースはコンソメの素とお水に焼いた時の油を煮詰めていったものを
お好みでかけていただきます

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*
Website