中学受験生がインフルエンザ予防接種の受けるといい時期&受験生の健康管理

LINEで送る
Facebook にシェア
[`fc2` not found]
[`livedoor` not found]

中学受験生がインフルエンザ予防接種を受けるといい時期って?
中学受験もそろそろ追い込みシーズンに入っていますが、受験の時期に猛威をふるうのがインフルエンザ。
長い時間をかけてがんばってきたのに、当日高熱が出て受験できないということにならないよう、インフルエンザの予防接種を受けておきましょう。
試験当日はもちろんですが、試験前の大事な時期にインフルエンザにかかると元に戻すまでかなりの日数が必要になります
11月までにはインフルエンザに負けない身体が欲しいところですよね。
もちろん、予防接種をしていても掛かる場合はありますが気持ち的にずいぶん楽だと思います

スポンサードリンク

中学受験生インフルエンザ予防接種の受けるといい時期

中学受験生といえば小学6年生なので11歳12歳になります
インフルエンザ予防接種は13歳未満は4週間の間をあけて、2回接種しなければなりません。
1月中旬~2月上旬入試の中学受験の受験生におすすめの時期は
10月くらいから接種の受付をしている病院が多いので、10月に1回目、11月に2回目を接種できるようにするとよいでしょう。
ワクチン接種から体内に免疫が感性するまで、約一ヶ月かかるといわれています。

スポンサードリンク

中学受験生の健康管理

受験の年だけは、本人だけでなく、できれば家族全員接種することをおすすめします。
中学受験生の健康管理で気をつけておきたいのは、
自分が風邪でなくても、人ごみに行くときなどはマスクをしたらいいと思います。
小学校とかでもした方がいいかもしれませんね。子供はマスクを外しちゃうかもしれませんけど・・・
あとは、睡眠、栄養、うがい、手洗い、人混みを避ける、体を冷やさない等常日頃から気をつけるしかないのではないでしょうか。
また、耳鼻咽喉科系、眼科系、歯科系疾患の治療、十分な休養、バランスの良い食事です。
寝室の加湿器もお忘れなく
受験はこれからが大変ですが、家族みんなで乗り切っていきましょう!!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*
Website